ONE OK ROCK ボーカルのTakaの英語が海外でも大絶賛!英語の発音はこの男に学べ!

ワンオク-Takaの英語理論を研究してみました。

無料の電子書籍教材(動画50本)なのでTOEICに興味がある人は
メールアドレスを登録後、DL(ダウンロード)してみて下さい。
Takaの英語理論を理解できると思います。

日本で英語を身につけた男

以前、留学経験がなく日本の英語教育、なんなら40年前くらいの日本の英語教育で英語を身につけた人がいるという記事を書きました。日本を代表するラジオDJ小林克也さんですね。まぁ厳密に言えば、日本の英語教育で英語ができるようになったわけではありませんが、英語の参考書など皆無だったあの時代に日本で英語を身につけたことが驚異的。そして、そんな人間さすがにもういないだろうと思っていたら、、、いました。いや、英語は身につけていないらしいですが、発音が!てか今更かよ!ってつっこまれる可能性が高いですが、書きます!ONE OK ROCKのヴォーカル”Taka”さんです。

Rock日本代表入り

僕がワンオクを知ったのは、2008年頃。当時大学生だった僕には軽音楽部に所属する他大学の友人がチラホラいました。彼らはどこからそんな情報を仕入れてくるのかわかりませんが、よく僕に売れていないバンドを紹介してくれました。そんな毎度の流れでワンオクを紹介されたので一応「おお、聞いとくわ〜」っていうお決まりの言葉を返した後すぐに記憶から消し去っていました。そして、時が経つこと4年。2012年に公開された佐藤健主演の映画「るろうに剣心」の予告を見て僕は腰を抜かしました。「The Beginning」。さっそくYouTubeで検索し、MVを流す。僕はその日一日、この曲をずっと聞いていましたね。曲それ自体にハマった僕でしたが、思い返せば曲の入りの英語がすんなり違和感なく聞けたことも、僕がこの曲を聞き続けた大きな要因だったと思います。やはり英語が下手な歌手の歌はどれだけ良いメロディーでもどうしても素人くさく聞こえてしまいます。ワンオクにはそれがなかったし、日本語が出てくるまではぶっちゃけ海外のバンドだと思っていました。ということで、それでは彼の英語について記述していきましょう。

実はかなりの洋楽好き?

ONE OK ROCKのTaka(Vo:森田貴寛)は歌手の森進一、森昌子夫妻の長男であることは有名です。下に弟が2人いて、次男も”MY FIRST STORY”というバンドのヴォーカルをしています。さて、Takaはなぜあれほどキレイな英語を発せられるのでしょうか?それは、、、(ここからは僕の予想です)幼少期に洋楽などで頻繁に英語に触れていたから。それも本当に頻繁に。です。やはりいくら親が歌手でそのDNAが強く”耳が良い”としても英語の発音は訓練しなければ上手くなりません。または、幼少期の言語習得段階や言葉を発する段階で意味は成さずとも英語を話していたという経験が必要になってきます。僕の友人にホントに小さい頃から英会話教室に通っていたやつがいるんですが、彼は英語の偏差値40をキープしたまま大人になり現在も英語を使えません。しかし、英語を真似して話してみると発音が意外によかったりするのです。たぶん彼は他の人に比べて発音を正すために要する時間は少ないと思います。

実はアメリカンスクール出身?

もちろん幼少期に限らず、英語に触れる機会は多ければ多いほど良いです。Takaさんの出身校などを調べてみたら、おもしろいことがわかりました。彼の出身中学校はあの慶應義塾湘南藤沢中学校です。この中学校はアメリカン・スクールかってくらい英語教育に力を入れており、帰国子女もかなり多いことで有名です。もしかしたらこの時に英語の発音を矯正したのかもしれません。と思っていたらこの頃からTakaはグレ始めたらしいですね。金髪ピアスで反抗期突入です。学校にもあまり行っていなかったらしいので、あまり関係ないかもしれませんね。ちなみに・・・大物歌手の息子というだけで大人の不条理さに巻き込まれることもしばしばあったといいます。情報が不確かなので詳しくは書きませんが。また、中学1年の時にTakaはジャニーズに入りましたね。NEWSのメンバーでした。これも大人のイヤらしいニオイがプンプンしますね。

実はジャニーズの頃、Takaは嫌われていました。この時の傷が後のワンオクの曲に反映されとても素晴らしい作品になっているという意味で書きます。森進一の息子という話題性で入ってきた森内貴寛(Taka)がNEWSの中心人物になるなんてありえないとファンからかなり非難されていたようです。それまでジャニーズJr.の中心人物だった山下智久ら(Four Tops)のファンからの批判ですね。現に森進一さんの公式サイトの掲示板が苦情で埋まって閉鎖しました。当時まだ中学生ですよ?想像を絶する苦悩でしょう。そしてジャニーズを辞めたキッカケは雑誌「BUBKA」に取り上げられたスキャンダルだと言われています。15歳でこれは・・・キツいな。いろいろと。その後親父とケンカしてTakaは家出しました。

森家の苦悩

そして同時期に夫婦問題も勃発します。「これまで森進一との夫婦関係は良好なものであったが、夫婦共演形式でのジョイントコンサートの継続は、主婦業と仕事を両立させようとする森昌子にとって心身ともに大変な負担となった。このジョイントコンサートが大元の原因となり、夫婦の溝が深まっていった」森夫妻は2005年に離婚しています。親権を長男が昌子側、次男と三男が進一側で持ち、養育権は三人とも昌子側とするという取り決めのもと別れたらしいです。そしてTakaは家出したまま自立し、音楽学校に通い、メンバーのToruに誘われてワンオクに入ったらしいです。かなり壮絶です。

Takaの英語に関する海外の反応

話が少しズレましたので戻しましょう。さてTakaの英語に対する海外の反応というものがありました。これでTakaの英語がしっかりと通じる英語なのかも判断しやすいと思います。

  • うぉぉぉぉ!これ好きだ! アルゼンチン
  • この曲大好きだよ。本当に素晴らしい声だ。 フィンランド
  • 日本のロックバンドの英語歌詞部分が日本語の部分よりも好きになれた初めての曲。 アメリカ
  • タカの英語はどれもはっきりと聞こえて素晴らしい。どの単語も聞き取れるよ。 オーストラリア
  • 今までで一番良い日本のロックバンドだ。 オーストリア
  • 素晴らしい歌だ。アメリカツアーをするべき。 アメリカ
  • すぐに思いついたことはタカの髪がブリーチのチャドに似てるってことだ。 イギリス
  • タカがマイクの紐に手を滑らせてからマイクを掴んで歌い始めるところが最高だ。このバンドが本当に好きだしギターも最高だね。 アメリカ

大絶賛ですね。しかもさらに信憑性が増す情報がありましたので以下で記述します。ちょっと下のYouTube鳴らしながら見てください。

Simple Plan – SUMMER PARADISE feat. Taka from ONE OK ROCK

そう、あのSimple Planとコラボってたんですよ!しかもつい最近!これ見た時に「あ、Takaってホントに海外でも好かれてるんだ!」って確信しましたね。PVの中でSimple Planのメンバーとの絡みを見ているとやはり、英語がペラペラってわけではないのかな?って気はしますが、これだけキレイな発音で英語ができれば、そうですね・・・1ヶ月で生活に困らない英語力を身につけられて、半年でネイティブになると思います(笑)。

まとめ

どんな人生だったんだろう・・・。やはり過去の事実を知ってしまうと考えてしまいます。でもね、でも少し思ったんですよ。大人に振り回されて、親に迷惑かけて、苦しんで、辛かった過去があったとしても、なんというか元気な顔してますね。親はこうやって息子の元気な姿が見られると嬉しいでしょうし、それが親孝行になっているんだろうなと思ったんですね。あと、かつての芸能界で出会った大人たちも絶対彼のことを見ていると思うんですよ。どう思っているかはわかりませんが。今を楽しめている人はやはり強いなって思いました。英語とはかけ離れたまとめになっちゃいましたので以下で簡単にまとめると

※幼少期に英語にむちゃくちゃ触れていて発音をほぼ身につけていた。
※実は表に出ていないだけで、音楽学校時代などで死ぬほど発音訓練をした。

このどちらかでしょう。ありがとうございました。

the HIATUS 細美武士も認めた男

追記です!新情報はどんどん追加していきましょう。ということでタイトルの通り、活動休止している「ELLEGARDEN」のボーカル・ギターを担当し、現在活動中の「the HIATUS」でもボーカル・ギターを担当している細美武士さんとTakaの対談があり、そこで細美さんがTakaを褒めまくっていたのでシェアします。

細美「もうヴォーカリストとして尊敬してる。はっきり書いといてもらっていいいけど、俺が知ってる日本のヴォーカリストの中で一番うまいと思う。ほんとにうまいんだ。俺は衝撃で。久しぶりに身近に、今負けてるなこいつにって言うやつが出てきたもんだから、そっから猛特訓したおかげで最近、歌伸びたんですよ。めちゃくちゃ感謝してんの」

ちなみに細美武士さんの記事はコチラ

TOEIC講師:石崎力也

PS:TOEIC攻略の鍵は英語ではない。詳しく解説してます。

 

スポンサーリンク

執筆陣別

カテゴリ一覧

歴代の人気記事

メルマガ登録

TOEIC塾

英語講師の皆様へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
今日最も読まれた記事

ページの先頭へ