赤西仁さんに学ぶ、最強に男前な英語勉強法。

男前過ぎる赤西仁

みなさんご存知赤西仁さんの英語がヤバいと友人が叫んでいたのでちょっとYouTubeを拝見。・・・。いやはや、素晴らしい。過去のインタビュー動画と比較しているものを見たのですが、短期間なのにもの凄く上達が早いなぁと感動してしまいました。そこで今回赤西仁さんファンの方が知っていた赤西さんの英語勉強法をご紹介。ついで僕の見解もどうぞ!

コーチを付けなかった赤西仁さん

KAT-TUNの元(最近知った。w)メンバー、赤西仁さんの英語の上達の秘密なのですが、驚いたことに彼は独学であの英語力を身につけたらしいです。まず6ヶ月間「自分探しの旅」をしにアメリカへ。結構勘違いされている方いらっしゃいますが、6ヶ月間海外で普通に生活しているだけじゃ、大した英語力は身に付きません。赤西さんも同じだったそうですよ。そしてその後本腰入れて勉強開始。まとめるとこんな感じ。

男前な英語勉強法

  • バイリンガルな友人の英語を聞いて真似をした
  • 間違った英語でも気にせずアウトプット
  • 映画を字幕なしで何度も見た
  • 洋楽を聞きまくった
  • 知らない単語はその都度調べて覚えた

赤西仁さんのツイートはもちろん英語

現在はツイートされておりません(?)が、こうやってSNSなども活用して英語を使っていたのかもしれませんね。

Facebookももちろん英語

FBにもいくつか動画が掲載されていました。海外で芸能活動を続けるために、独学でここまで英語を上達させる彼の姿勢に感動します。

ファンイベントでの男前な名言

『俺は文法と恥を捨てた』

恐らく勉強している最中にはいろんなヤジが飛んできたでしょう。有名人ですからね。僕なんかとは比べ物にならないくらい2chに書かれてたんだろなぁ・・・とか思うと心が強いなと感激しました。笑

赤西仁さんの正しい選択 その1

「文法を捨てる」

この方法は実はかなり的を得ていて、、、実は英語がペラペラになるために文法を完璧にする必要はありません。というか文法から勉強するやり方が間違っているのです。例えば、あなたは日本語の「未然、連用、終止、連体、仮定、命令」を正しく説明できるでしょうか?恐らく何十年日本に暮らしていようと、意識的に文法の勉強をしなければいくらネイティブでも説明することは困難だと思います。これは当然英語も同様で、英語が話せるかどうかに文法の知識はそれほど重要ではありません。これでは説明が不十分なので下でもう少し詳しく話しましょう。

バイリンガルの日本人は音を覚えている?

ではバイリンガルの方々はどうやって英語が話せるようになったのか?それは彼らが音で英語を覚えているからです。音で英語を覚えると面白い現象が起きます。そう、彼らは”a”と”an”の違いを文法的に答えることができないのです。それでも”an apple”や”an orange”と言いますし、”a pen”や”a teacher”と言います。実に正しい文法で喋っています。これは正しい英語をひたすら「音」として覚えることで身につけた感覚です。赤西仁さんも正しい英語をひたすら真似ていたために自然と”正しい文法”を身につけていったのです。つまり英会話学習において「文法は重要だけど、順番は後」だということがここからわかります。

さらに深く理解してもらうために、実践

例えば、「I like watching movies.」という正しい英文を10回繰り返して唱えてください。そして、以下の虫食い問題を解いてみてください。。。

I like (   ) movies.

自然と入るでしょう。数秒前に”正しい英文”を暗唱、または音読したあなたはこの問題の答えを文法的に解明することなく入れられるはずです。つまり正しい文章を何度も何度も口に出し覚える。その後で文法的に「like ~ing」のルールを覚えれば、難なくその知識が頭に入ってくる。これが本来の文法の勉強法です。音読で英語力がアップするという理由もここにありますね。(※TOEICは話が別ですよ!!!!)

さて、ここまで読めば赤西仁さんが英語ペラペラになった理由もわかりますね?彼は正しい英語をひたすら聞き声に出し、話しかけ、アウトプットがてら頭の中に正しい英語を蓄積していったのです。だから文法を捨ててもあれだけ流暢な英語を話すのだと思います。(※これは個人的な見解です。)

赤西仁さんの正しい選択 その2

「使わない表現は無視した」

赤西仁さんがこれほどまでに英語が話せるようになったのには他にもう一つ理由がありそうです。もちろん以下の文章も完全に僕の見解ですので、事実かどうかはわかりませんよ!さて、ではもう一つの理由とは?それはズバリ「使わない表現は無視した」ということです。

専門知識なんてクソ食らえ!

赤西さんは芸能活動をなされている方なので、政治・経済・金融・歴史・教育・・・その他諸々の専門知識を英語で喋れる必要はありません。必要なのはオーディションの際に使う英語であり、歌詞を書く際に使う英語であり、日常生活で必要な英語であり、インタビューで質問に答えるための英語なのです。あと、ジョークとか?つまり、かなり的を絞って必要な英語だけをひたすら頭の中に、体に口に覚えさせていったのではないでしょうか。話さなければいけない状況で自分の英語が通じればいい。自分の表現したことが伝わればいい。って思って勉強している人と、漠然と英語が喋りたいって人とではその習得スピードに歴然な差がうまれることは誰にでもわかります。

「英語なんてただのツールだ!」

と言ったかどうかはわかりませんが、赤西仁さんはこのように考えていたのではないでしょうか。つまり、伝えたいのは英語ができる赤西仁ではなく、演技をしている、または歌っている赤西仁だということです。YouTubeなどで芸能人の英語の発音がどうだとか騒いでいる連中がいますが、彼らは何もわかっていませんね。芸能活動をしている人がファンやその他大勢の方に見てもらいたいのは自身のパフォーマンスなのですから英語が上手いかどうかなんてどうでもいいんです。

TOEICも全く同じですよ、マジで!

TOEICで僕が毎回言っている、スコアに焦点を当てよという意味もこれで説明がつきます。まんべんなく行う浅い英語勉強をするくらいなら、TOEICでスコアを上げるために特化した勉強をしてくださいということ。TOEIC文法と書かれた参考書を3冊やるくらいならさっさと新公式問題集を開いて実践練習を積んでくださいということです。頭に知識が入っていても解答用紙にマークできなければ点数にはなりません。点数にならなければあなたの英語力は誰にも認められません。

赤西仁さんの正しい選択 その3

「英語を楽しみながら勉強した」

記事を書いていて、昔赤西仁さんが雑誌のインタビューかなにかで「今後の目標」を語った記事を思い出しました。その中のワンフレーズに「英会話をしてみたい。ハリウッドで活躍してみたい。」というような言葉があったんですね。これつまり、赤西仁さんは元々英語自体が好きだった可能性が高いということですよね。そしてこれは英会話にとって、いや英語学習においてとても重要なことなんです。好き、つまり英語学習を楽しんでいたってことですから。

楽しい英語学習法

英語はもちろん言語なので、学び始めたらゴールなんてありません。つまり英語学習を続けられる人は英語それ自体が好きでないと続かないということです。僕の友人に日本語が好きなヤツがいるのですが、彼は日本語の言い回しをむちゃくちゃ勉強して(マジ無駄!笑)むちゃくちゃ喜んでいます。一般的に使われない表現ばかりを多用するので、友達が少ない(笑)。そんな話はどうでもいいですね。まぁつまり特定の言語が好きだって人は普通にいるってことです。僕も英語それ自体が好きですし、英語学習をとても楽しんで(趣味として)やっています。有名な安河内先生とかもそうなんですかね?もし見当違いで赤西仁さんが英語が嫌いだったとしても、演技や歌は大好き。だからそのために必要なスキルだから楽しんで勉強できたってパターンもあるかもしれませんね。どっちにしろあそこまで喋られるようになれば英語学習が苦しいはずはありませんが。

ファンの言葉

『言葉足らずで行動すべてがネガティブに報道されて、だけど、決して自分の口からこうだ、とは言わない行動のみの男だ』

世間のイメージがいかにいい加減かがわかります。彼から学ぶべきはこの姿勢ですね。口は開かず手を動かすというこの男前さ、ヤバいですね。

まとめ

さてさて、長々と話しましたがいかがだったでしょうか?まずこの超イケメンクールな赤西仁さんの見習うべきポイントはアウトプットです。そして、英語習得それ自体を楽しむこと。さらに、的を絞ること。これらです。ファンの方で英会話を勉強中という方は、例えば「赤西仁さんと直接英語で会話するとしたら?」って設定でそのシチュエーション(あなたと赤西仁さんの会話)を英語で書き出し、ひたすら音読するみたいな?“赤西仁さんとの会話だけはペラペラになれる”という体験ができます。そしてそこから英語の道が開けてくるでしょう!と、最後は英語講師らしい言葉を残して筆を置きます。ありがとうございました。

(TOEIC講師:石崎力也)

PS:黒木メイサの英語力とブログにアップされた教材を勝手に評価した結果見えてきたもの

PS2:嵐・二宮和也の天才的英会話術〜英語力よりも大事なパラフレーズ力〜

PS3:赤西仁さん並の勢いでTOEICスコアをカチ上げたい方はこちら
http://thisisenglish.jp/optin001.html

 

スポンサーリンク

執筆陣別

カテゴリ一覧

歴代の人気記事

メルマガ登録

TOEIC塾

英語講師の皆様へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
今日最も読まれた記事

ページの先頭へ