向井理はだからモテる。英語、恋愛、性格、生き方、全てがラフでカッコいい。

31歳独身、向井理

以前水嶋ヒロさんの記事を書きましたが、その時に集めていた情報の中にあの日本一のモテ男の名前が必ず出ていました。そう、向井理さんです。もちろん英語関連の情報を集める過程でその名前を見かけるということは、向井理さんも英語ができるということなのでしょうが、、、いろいろ調べてみるとあるインタビュー動画が出てきました。映画「僕たちは世界を変えることができない。」の記者会見のものです。通訳無しで流暢な英語を話ていました。あの余裕な感じの受け答えは英語がデキると判断して良いでしょう。スピーキングの機会は少ないですが、現在の英語力は相当高いはずです。さてさて、ということで本日は向井理さんに関する記事を書きたいと思います。彼の性格に注目です。

困った生徒、向井理

向井理さんは口数の少ないとても大人しい性格だったといいます。しかし、負けず嫌い。のめり込むともうそれしかしなくなる性格だというから意外です。中学高校はサッカーに没頭して「朝練→2限後昼食→帰宅→部活のため学校に戻ってくる」という学生生活だったとか。本当に好きなことしかしてない・・・。そのおかげでサッカーはレギュラーでした。しかも高校時代からモテていて、ファンクラブもできていたというから驚異的。中学時代に30cmも身長が伸びたというの理由でしょうね。長身でイケメンでちょっと悪くて、サッカー。そりゃモテますよ(笑)

研究者の、向井理

明治大学農学部生命科学科に在籍し、遺伝子工学を専攻。「ニワトリ・オボアルブミン遺伝子をエストロジェンに応答し卵管組織においてのみ活性化させるコントロールエレメントの決定」という研究で、第29回 国際動物遺伝学会議(2004年9月開催)『ベストポスターアワード』を向井を含めた数名の研究メンバーで受賞したという。向井理さんが所属していた研究室の丸山公明教授はこう言います。「向井君は非常に優秀な学生でした。4年生の頃、ベテランの研究者も揃う国際動物遺伝子学会議に共著論文を提出、ベストポスターアワードという賞を受賞しています。英語での質疑応答も立派なものでした。彼は論文提出の過程で、19個の新しい遺伝子を作った。時間もかかり、半端な仕事じゃありません」向井理さんは教授にも研究者としての将来を期待されていたらしいですが、それを振り切って就職したようです。

チャレンジャー、向井理

学生時代からバーテンダーとして働いていたらしいですが、大学卒業後はそのままバーに就職。横浜・元町の老舗や渋谷、目黒などのバーを経験し、計6年間のバーテンダー経験の内1年間は店長も務めるほど。大学時代に華々しい成果を上げていたので、普通に考えればそのまま大学院に行って、将来は研究者としての道を・・・なんて思われがちですが、向井理さんの母親の考え方もありそうはならなかった。向井さんの母親は「一度やってみれば、一つの店を任されることで学ぶことはいくつもあるはず。親の趣味に合わせて生きる生き方はして欲しくない。私自身が好きに生きさせてもらったから、息子に冒険するな、安全な道を歩け、とは言えない。」とおっしゃってます。こういうお母さんだったら安心してどんなことでも挑戦できますね。

2日で決断した、向井理

バーテンダー時代に東京・表参道で声をかけられ雑誌「Tokyo graffiti」のイケメンランキングに登場。見事4位になり、それを見た芸能界の方がスカウトしたことで芸能界に入ったという。それまでも何度かスカウトされたことがあるらしいが、芸能界に全く興味がなかったので辞退していたと言います。芸能界に入る決意は当時のマネージャーの熱意に感動したからと言っています。出会って2日で決めたと。「出勤前のたった2時間、渋谷のTSUTAYAの上のカフェで話をしただけなんですが・・・」と語っている。

Gペンを持つ、向井理

俳優業でも負けず嫌いや集中力の高さなど向井さんらしさが出ていました。ドラマ『ゲゲゲの女房』でヒロインの夫・村井茂(水木しげる)役を演じた際に、漫画を書くシーンで本当にGペンを使って自分で書いたというのです。クランクイン前に水木しげるのアシスタントとして鍛えていたらしいです。あれだけ多忙な中、事前に一定のレベルにもっていくって結構できないですよ。そして関係者などからも人柄が良いと評価されている。学生時代までは結構尖っていたらしいですが、一度社会人としてしっかり就職して働いた経験がルックスだけではないカッコ良さを作り上げているのでしょう。

恋愛と向井理

  • 「俺について来い」タイプ
  • 人ごみがキライで不機嫌になってケンカする
  • 結婚相手は「自分とは、価値観の違う人」が良い
  • 「サバサバしている人」が好き
  • ぶりっ子などは見抜いてしまうので、無理!
  • 女性らしいワンピースやスカートが好み
  • 恋愛で一番大切なことは「信頼」
  • 「一目惚れはしない」
  • 年齢より、何を考えて生きてきたかが大事!

ここまで恋愛を語れる男は基本的に恋愛経験も多いですし、恋愛の失敗も多いはずです(笑)確固たる恋愛観があるのでしょうね。狙っている女性の方はなかなか手強い相手になるでしょう。

まとめ

サッカー、研究、バーテンダー、俳優といろんな方面で結果を出してきた向井理さんは面倒くさがり屋でありながら、気になるとある程度までやらなければ気が済まない性格をしているようです。そしてのめり込めない環境はすぐに捨てるので、もしかしたら俳優という仕事に興味がなくなったら全く違う別の道に進んでいくのかもしれませんね。個人的にはこういうラフな考え方、ラフな生き方はとても尊敬します。これってかなり生きる力があるってことですよね。見た目や噂だけで判断しちゃってた自分が恥ずかしいです。英語の力も十分高いようですし、俳優であろうと、別の職業であろうと世界に出ても何かしらの結果を残してくれるのでしょう。今後も楽しみです。

TOEIC講師:石崎力也

PS:集中的に勉強してさっさとTOEICから足を洗いたい方専用のTOEIC勉強法です。

 

スポンサーリンク

執筆陣別

カテゴリ一覧

歴代の人気記事

メルマガ登録

TOEIC塾

英語講師の皆様へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
今日最も読まれた記事

ページの先頭へ